物には全て魂やどる

銀行印イメージ

みなさん、こんにちは、突然ですが、みなさんは銀行の口座をいくつ持っているでしょうか。
それに対してあなたは幾つの銀行印を持っているでしょうか。
私は現在銀行口座を4つ持っていますがそれに対して持っている銀行印は2つしか持っていません。
私はお金持ちではありませんし、誰も俺なんかの口座を悪用しないだろうと思い、銀行印を使いまわしている状態です。

実際、私はそんなにもハンコ使う機会がない状態なのです。
だからわざわざ印鑑を買うようなことはしないでしょう。
あなたはどうでしょうか。

確かに新しい銀行印を買えばおそらく、愛着がわき、何かしらのいいことが起こる事だってあるでしょう。
なんだか、気分を変えたいときや、「これから俺は金持ちになれるように風水運の強い銀行印をカスタマイズして、自分専用に作って貰おう」なんて、考えているかたは居らっしゃらないでしょうか。
私はそこまでのこだわりはありあせんが、あなたがもし、愛着が持てる銀行印を作りたいなら、それは作った方がいいと私はオススメしておきたいところです。

さて、話は変わりますが皆さんは、物には全て魂やどるということを知っていますか。
昔の人は全ての物に魂が宿っていると信じて全ての物を大切にしていたものです。
ましてや昔のハンコは高級品で庶民には縁のない物でした。
今だからこそ、簡単に買えるようになった印鑑ですが、昔のハンコはとても高かったのです。
そのような事を踏まえてあなたが一生大切に使える印鑑を探してみるのも面白いのではないでしょうか。

〔お役立ちサイトのご紹介〕

ページの先頭へ